『となみ夢の平 散居村展望台』散居村、富山湾、北アルプス&夕日が見れる展望スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
散居村展望台イメージ

眼下に広がる散居村、遠くに富山湾、振り返れば北アルプス、夕方には沈む夕日と夕日の光できらめく田んぼ。そんな景色を見ることができる展望スポットが砺波市にあります。

夢の平スキー場からもう少し奥に進んだところに『となみ夢の平 散居村展望台』という展望スポットがあります。

展望台からは、平野に広がる散居村(散居村・・・地理の授業で出てくる、家がまとまった集落ではなくて、点々と散らばるように建っている景観)、遠くに富山湾の海、振り返れば北アルプス夕方には沈む夕日と夕日の光できらめく田んぼという、素晴らしい景色を見ることができます。

▼目次

1.行ってみた

スイセンやコスモスも有名な夢の平スキー場から車で3分ほど進むと、右に駐車場、左に展望台が建つ場所が現れます。

ここが『散居村展望台』です。

散居村展望台

散居村展望台

とんとんと階段を登っていくと、こんな感じのスペースがあり、眼下に景色が広がっています。双眼鏡(無料)も設置されています。

展望台から散居村

砺波や小矢部の方向は、散居村が広がっています。家の周囲には、風除けや日よけのために木が植えられおり、この屋敷林を「カイニョ」と呼ぶそうです。響きがかわいい言葉ですね。

展望台から北アルプス

右の方を見れば、遠くに富山湾の海が、さらに右の方には北アルプスが見えます。

散居村展望広場

『散居村展望台』からもう少し奥に進むと、『散居村展望広場』という場所もあります。

広場の方は、北アルプスの方向は見えませんが、展望台とは違い、駐車場から階段を登る必要がありません。

2.夕日について

今回、行った時間はお昼ごろだったのですが、夕方には夕日が散居村越しに沈みます。

この夕日がめっちゃ綺麗だそうです!(見ずに語ってすみません…)

夕日が綺麗なのは当たり前なのですが、富山はお米が有名なので、平地の多くが田んぼです。春から田んぼに水が張られるので、沈む夕日の光が反射し、きらめきます。

この風景、6月頃になると、田んぼの苗が大きく育ってきて、反射しにくくなるので、4月、5月がベストみたいです。

散居村展望広場

夏は田んぼが一面みどり色に、秋は一面黄金色になり、季節ごとに異なる景色が楽しめそうです。

3.場所の詳細

  • 『となみ夢の平 散居村展望台』
    • 住所 富山県砺波市五谷
      (砺波市街から夢の平スキー場に向かい、スキー場からさらに車で3分ほど、散居村展望広場は展望台からさらに450mほど)
    • 駐車場 散居村展望台で20台、散居村展望広場で15台ほど
      (夕日が綺麗に見える、晴れた春の夕方は混雑する時があるそうです)
    • トイレ 最寄りのお手洗いはスキー場の「夢の平コスモス荘」になるかと思いますが、日時によっては閉まっている可能性もあるのでご注意を。
    • アクセス道路 砺波市街からアクセスする場合、坂道やカーブが続きますが、極端に道幅が狭いところはありません。

春であれば、チューリップフェアや夢の平スキー場のスイセンと合わせて、秋であれば夢の平スキー場のコスモスを合わせて、展望台からの絶景を見に行きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*