街歩き

高岡市伏木北前船資料館に行ってみた【高岡市伏木地区を街ぶら】

富山県高岡市の“伏木地区”、今話題の「万葉集」の代表的な歌人で編者ともされる大伴家持が国守として赴任した歴史のある場所です。

伏木は港町としての歴史もあり、18世紀ごろから“北前船”の寄港地として栄えていったそうです。その北前船について学べる『伏木北前船資料館』に行ってみました。富山県の昆布消費が多いこと、医薬品生産が多いこともこの北前船に繋がっているみたいですよ!

続きを読む

高岡市伏木気象資料館に行ってみた【高岡市伏木地区を街ぶら】

高岡伏木気象資料館イメージ

富山県高岡市の“伏木地区”、小矢部川の河口に位置し、古くから港町として栄えてきた街です。

そんな伏木の街で、伏木駅前から勝興寺に向かって坂道を登っていくと、途中に瓦屋根だけど洋風で、屋根の上に塔が建つ、ちょっと変わった建物が目に入ります。

この建物、「高岡市伏木気象資料館」という施設で、昔はこの建物で気象観測が行われていました。

続きを読む