【富山のお出かけスポット】『となみチューリップフェア』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
となみチューリップフェア

富山県の春を代表するイベント『となみチューリップフェア』に行ってみました!実は、初めて行ったのですが、こんなに見応えのあるイベントだったとは知りませんでした!

2020となみチューリップフェアは新型コロナウイルの影響で中止となりました。
また、砺波チューリップ公園は4月11日(土)〜5月10日(日)まで閉鎖されます。

▼目次

1.『となみチューリップフェア』会場の様子は?

(以下はとなみチューリップフェア2019 2019年4月29日(日)の様子です)

(1)会場の様子

開園時間の8時30分に到着、開園直後は空いているかなと思ったのですが、すでに多くのお客さんがいます!
ただ、チケットはすぐに買えますし、入場もすんなりです。(開園待ちの列だったみたいですね…)

となみチューリップフェア北門

北門から入場すると、すぐに「チューリップタワー」があります。タワーの周りは鮮やかに彩られていて、奥には、色とりどりのチューリップが一面に広がっています。

となみチューリップフェア

この日の開花状況は100%というアナウンスが公式サイトに出ていました。

会場内は、
一面に広がる「大花壇」

となみチューリップフェア大花壇

池に浮かんでいるような「水上花壇」

となみチューリップフェア水上花壇

雪の大谷をイメージした「花の大谷」

となみチューリップフェア花の大谷

となみチューリップフェア花の大谷

たくさんの種類のチューリップが植えられた「彩りガーデン」

となみチューリップフェア彩りガーデン

など見所多数です!
チューリップってこんなに種類があるんですね!

フェアのシンボルのチューリップタワーは、登りたかったのですが、待ち時間が30〜40分とのことで、あきらめました…

他にもシバザクラやビオラが咲くエリアや、屋内の「チューリップ四季彩館」なども見ることができます。

(2)グルメコーナーも多数

会場内には飲食ブースや屋台カーが多数、出店しているので、花より団子でも大丈夫です!

唐揚げやポテトといったものから、ご当地の“まるたかや”のラーメン、砺波の高級そうめんの「大門素麺」、ますのすし、お弁当など。生ビールも売っていました。

となみチューリップフェアグルメコーナー

いろいろなグルメがあるんですが、チューリップフェアと言えばということで「ちゅーりっぷソフト」を食べてみました。

となみチューリップフェアちゅーりっぷソフト

美味しかったです!変なクセとかは全然ありません!味的にはブルーベリーに近いような…そうでないような、よくわかりませんでした…

子供向けにふあふあドームや滑り台なども用意されていますし、お土産売り場もあります。

2.イベント概要

  • 『2020となみチューリップフェア』
    • 開催日 新型コロナウイルスの影響で中止となりました。
    • 時間 午前8時30分〜午後5時30分(最終入園は5時)
    • 会場 砺波チューリップ公園
    • 入場料 大人一般1,000円、小・中学生300円、小学生未満は無料
    • 駐車場 普通車500円

3.あわせて行ってみよう

  • となみ夢の平スキー場(砺波市)
    水仙(スイセン)が見頃を迎えています。チューリップフェアと合わせて行って、“お花三昧”のお出かけにするのはいかがでしょう?
  • となみ夢の平 散居村展望台
    砺波平野の散居村の風景を眺めることができます。天気がよければ、日本海や北アルプスも見えますし、夕方には夕日に染まる景色を見ることもできます。

【リンク】

<公式> 2020となみチューリップフェア

【あわせて読みたい】

【最新版】富山のイベントカレンダー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*